肝班(かんぱん)治療について、シミの原因と治療、対策について紹介します。

肝斑の治療法として内服薬を利用する

スポンサードリンク

色素沈着抑制効果のある内服薬で「トラネキサム酸」というもがあります。皆さんこの内服薬を御存知でしょうか。この肝斑の治療には、この「トラネキサム酸」という内服薬が相当に有効であるといわれています。

その効果については、カラダの内側に原因があると仮定してカラダの内側から働き掛けようという発想から開発されました。内服薬の有効成分の場合、皮膚やカラダのすみずみまで血流によって到達するというメリットといえるものがあります。さらに、内服薬を「トラネキサム酸」と「ビタミンC」を併用することで効果がより安定します。そのため、「トラネキサム酸」と「ビタミンC」を一緒に併用して服用することがより効果的といえます。

皆さんこの肝斑の治療薬として、2か月以内の服用が目安になっている薬があるのをご存知でしょうか?それは第一三共ヘルスケアから販売されている「トランシーノ」という治療薬です。「トランシーノ」は臨床試験によって2か月でも充分な治療効果が認められています。その理由により、服用期間を2か月に規定しているのです。ただしこの「トランシーノ」は肝斑以外のシミにはほとんど効果が認められません。「トランシーノ」はあくまでも肝斑の改善薬であって一般のシミには働きにくいという理由のようです。

ただ、「トランシーノ」は即効性がありませんので、いくらこの内服薬が有効としてもやはり1~2か月は効果の経過を観察することが肝要です。8割から9割の人が2か月以上の服用により効果を実感できていますので、かなり有効性があるといえるでしょう。

ただし「肝斑かもしれない?」という漠然とした自分の見込みだけで服用するのは、あまりにも危険です。ここは、やはり仕事が多忙でも一度は美容皮膚科などで、受診してもらうことをおすすめします。「トランシーノ」はドラッグストアでも買える市販薬です。仕事が多忙で医療機関に行く暇がないという女性の皆さんには、ご自分で購入してこの内服薬をを試してみてください。

ところで、肝斑は美容外科のレーザー治療では治療出来ないということをご存知でしょうか?この治療法では色素細胞などの細胞を破壊するのがレーザー治療の特徴です。

肝斑の場合、ホルモンなど内的要因が原因のシミです。細胞を破壊しても治療効果としては全く意味がありません。治療の効果がでないどころか、レーザーが肝斑を刺激することで、かえって症状が悪化する恐れがあります。

このことは充分に認識しておいてください。


スポンサードリンク
★新製品記念キャンペーン(9月1日~9月30日)
期間中新美白セットをお求めいただくと、秋のダイエットをサポートする
ビーグレン製品(インナービューティーもしくはスリミングクリーム)を
無料でプレゼント!

>>> 新美白セットキャンペーン~無料でプレゼントの詳しくはこちらから


関連記事

  1. 肝斑治療の特効薬 トランシーノとは
  2. トランシーノは服用期間が2か月と定められている

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 肝斑の治療法として内服薬を利用する

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.gooside.biz/mt/mt-tb.cgi/118


RSS2.0