肝班(かんぱん)治療について、シミの原因と治療、対策について紹介します。

肝斑を見分けるにはどういう方法があるの?

スポンサードリンク

肝斑となると、自分のシミが実際にそうなのかそうでないのかをチェックする必要がありますよね。肝班(かんぱん)関するある調査で、最近半年以内にシミが出た女性の約3割が肝班という結果が報告されています。

肝斑を見分けるにはどういう『症状』で『形状』であるかがキーポイントであり、大切であるといいます。やはり肝斑には肝斑に好ましい治療があり、誤ったた治療法ではかえって症状が悪化してしまう恐れもあります。

肝班(かんぱん)は女性の顔に多く生じるシミですが、結構気にする方も多くいらっしゃいます。
特に肝班様症状がでているのは35歳~54歳の女性であるというように報告されています。

肝班(かんぱん)はほほ骨に沿って左右対称にでるのが特徴の1つとしてあげられます。
額や鼻の下などにシミができるケースもあります。

また肝班のシミにはさまざまなタイプがあります。

例えば肝斑とよく似た症状のシミもいろいろ存在します。それでは、実際肝斑かであるか否かのチェックポイントについていくつか典型なものを列挙しておきますね。

シミの種類には以下がなどが確認されてます。

1)そばかす
2)日光性黒子
3)老人性色素斑
4)炎症後色素沈着、
5)対称性真皮メラノサイトーシス

シミにも肝斑以外にこのようにいろいろな種類があるのも事実です。
このように医学的には上記は一応すべてシミの分類に属します。


スポンサードリンク
★新製品記念キャンペーン(9月1日~9月30日)
期間中新美白セットをお求めいただくと、秋のダイエットをサポートする
ビーグレン製品(インナービューティーもしくはスリミングクリーム)を
無料でプレゼント!

>>> 新美白セットキャンペーン~無料でプレゼントの詳しくはこちらから


関連記事

  1. 肝斑の症状の特徴とは

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 肝斑を見分けるにはどういう方法があるの?

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.gooside.biz/mt/mt-tb.cgi/116


RSS2.0