肝班(かんぱん)治療について、シミの原因と治療、対策について紹介します。

肝班(かんぱん)とは 

スポンサードリンク

肝班(かんぱん)関するある調査で、最近半年以内にシミが出た女性の約3割が肝班という結果が報告されています。

肝班(かんぱん)は女性の顔に多く生じるシミですが、結構気にする方も多くいらっしゃいます。
特に肝班様症状がでているのは35歳~54歳の女性であるというように報告されています。

肝班(かんぱん)はほほ骨に沿って左右対称にでるのが特徴の1つとしてあげられます。
額や鼻の下などにシミができるケースもあります。

また肝班のシミにはさまざまなタイプがあります。

1)顔の頬の両側に広範囲に広がっているもの
2)顔の頬骨に沿って筆で書いた感じのもの
3)顔の額・頬・鼻の下にあらわれるもの
4)顔の頬の上~目尻にかけてあらわれる小さなもの
5)顔の頬の両側にあらわれる形も大きさも異なるもの

肝班(かんぱん)ができる原因としては、妊娠や閉口避妊薬などやさらには悪化してできる女性ホルモンに関連して発生のシミなどがあげられます。

現在までのところ、治療法としては薬やレーザー治療などがなされています。
ただしレーザー治療では悪化してしまう奨励も報告されていますので専門医に相談されることをおすすめします。

その他にもシミには種類がいろいろあります。

1)ソバカス...子供の頃からある小さくて丸い色素が沈着してできたもの

2)対称性真皮メラノサイトシーズ
     小さくて丸い色素沈着がおこっているもので、それが散在的に集まっている

3)老人性色素班...シミが平らで境界のはっきりとあらわれたもので色が黄色いもの

このようなシミにもきちんと対処しないと後々処置が難しくなるものもあります。
肝班(かんぱん)の場合は難しいシミとして対処しにくいというのが特徴です。


スポンサードリンク
★新製品記念キャンペーン(9月1日~9月30日)
期間中新美白セットをお求めいただくと、秋のダイエットをサポートする
ビーグレン製品(インナービューティーもしくはスリミングクリーム)を
無料でプレゼント!

>>> 新美白セットキャンペーン~無料でプレゼントの詳しくはこちらから


関連記事

  1. 肝斑(かんぱん)の見分け方

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 肝班(かんぱん)とは 

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.gooside.biz/mt/mt-tb.cgi/115


RSS2.0