肝班(かんぱん)治療について、シミの原因と治療、対策について紹介します。

肝班(かんぱん)の予防方法

肝斑を予防する紫外線ケアとは

肝斑を予防するには紫外線ケアが欠かせません。紫外線対策アイテムである帽子や日傘やサングラスなどの防止対策を利用することも大変よいことといえますね。さらに日焼け止めを肌に塗ったりして一年を通して紫外線対策することも必須でしょう。

もし部屋に日が差し込むならばたとえ室内にいても日焼け止めを活用するべきと考えます。このように家にいるときでも紫外線対策は万全に行いましょう。

紫外線は夏だけ予防するだけではもう不十分というのは、もはやまぎれもないの事実といえるでしょう。肝斑の原因である紫外線は、原因のみならず悪化させることも最新の研究でだんだん判明してきています。

ところで、紫外線対策以外にも肝斑を予防することがスキンケアによりおこなうことができます。
ただしスキンケアのやり方によっては、肝斑が増えたり。悪化させたりすることも多々あります。
その理由としては皮膚への刺激や摩擦が良くなと考えられています。

たとえば、フェイスマッサージで入念過ぎるのは、肝斑にはけっして行わないほうがよいといいます。フェイスマッサージもクレンジングあるいは洗顔時に優しく洗うことを心掛ける必要があります。マッサージでは無意識のうちに皮膚に刺激と摩擦を与えているのです。それと、タオルでの摩擦も見落としがちです。

水分を拭う際には、ゴシゴシこするのはとんでもない行為です。タオルで水気を吸い取るようにこころがけましょう。洗顔料はよく泡立てると摩擦を与えずに、泡で洗えるようになります。


肝斑を予防する美白ケアとは

肝斑の場合ストレスが大敵となります。女性の場合には肌トラブルがストレスとして、多かれ少なかれ影響してきますよね?ストレスが肝斑に影響を及ぼし、さらにまた新たに肝斑というストレスを与える。そんなマイナスのスパイラルに陥ることのないように気をつけたいものです。

美白ケアをするのも紫外線対策と同時に行うとより有効となります。さらに、肝斑以外に仮にシミが出来ていたとしても美白ケアをしっかりと行っておけば、その影響を最小限に抑えることができるというメリットも期待できます。

美白ケアで肝斑が悪化するわけではありませんが、美白ケアでなかなか効果が実感されにくい肝斑ではあります。また美白ケアにおいても、美白モノのスキンケアでは使い心地がさっぱりとしたものが多いために、保湿効果が不足するケースもみられます。

また保湿というものは肌のコンディションを整える上でとても大切にしなければなりません。それはすべての肌トラブルに乾燥が悪影響を及ぼすとほぼ断言できるからです。さらに肝斑もまた紫外線をさえぎることがとても重要です。それは肝斑に限らずどんなシミにもあてはまりますね。

肝斑を予防する美白ケア以外にもいろいろな方法があります。その中には肝斑の美容治療で、レーザーや光治療を決してしてはいけないといいます。

効果があるのは飲み薬で、トラネキサム酸が非常に有効といいます。またビタミンC,B2,B6の内服とハイドロキノンの外用が中心といいます。治療は大体3ケ月くらい、効果は早ければ3~4週間くらいででてきます。(内服して2週間、半数くらいの方に目に見えて効果がでるそうです。)

ただ、2ケ月くらいは服用を続けたほうがいいようです。肝斑に効く市販薬は、成分は処方薬とほぼ一緒です。ただし、効果は処方薬の方があるといいます。肝斑が気になる方で、詳しくは美容皮膚科の専門医に相談されてみてください。




Page: 1

RSS2.0