肝班(かんぱん)治療について、シミの原因と治療、対策について紹介します。

肝班(かんぱん)の見分け方

肝斑の症状の特徴とは

それでは肝斑の特徴について解説しましょう。

【肝斑の特徴的な症状】
1)美白ケアをしていてもなかなか症状が良くならないない。
2)ビタミンの補給効果がみられない。
3)30から40代になって、突然出来た。
4)美容治療のレーザーで症状が悪くなった
5)ピル服用中または現在妊娠している
6)妊娠・出産をくりかえすたびにシミが濃くなる
7)太陽光の日焼けにより濃さが強くなった
8)シミの濃さが季節によって変わる
9)シミが頬骨に沿って広がる
10)日常ストレスが多い
11)毎日のフェイスマッサージが日課である


【肝斑の特徴的な形状について】
1)肝斑の場合シミが左右対称に出る。
2)形に以下のような特徴があります。
  例)地図のような形、扇のような形、三角形、
    筆で絵を描いたようなもの、ヒゲのような形
3)"点"というよりも"面"との表現が近い大きさ。
4)明確な形ではなく、くすんだ、ぼやけた状態など
5)シミがまるで眼鏡をかけてるような感じの印象となる
  ⇒目の縁が白くみえる。(下まぶたあたりも)

あなたの肝斑の場合いかがでしょう?
上記の特徴のうちいくつ該当するものがありましたか?

上記の特徴であてはまった例が多ければ多いほど、あなたのシミは肝斑である可能性が高いということがいえるでしょう。

肝斑がシミであっても、シミのすべてが肝斑になるわけではありません。ここのところが大切です。肝斑はシミの一種だとこれまで述べてきましたが、以降ではさらに肝斑について詳しく解説いたします。


肝斑を見分けるにはどういう方法があるの?

肝斑となると、自分のシミが実際にそうなのかそうでないのかをチェックする必要がありますよね。肝班(かんぱん)関するある調査で、最近半年以内にシミが出た女性の約3割が肝班という結果が報告されています。

肝斑を見分けるにはどういう『症状』で『形状』であるかがキーポイントであり、大切であるといいます。やはり肝斑には肝斑に好ましい治療があり、誤ったた治療法ではかえって症状が悪化してしまう恐れもあります。

肝班(かんぱん)は女性の顔に多く生じるシミですが、結構気にする方も多くいらっしゃいます。
特に肝班様症状がでているのは35歳~54歳の女性であるというように報告されています。

肝班(かんぱん)はほほ骨に沿って左右対称にでるのが特徴の1つとしてあげられます。
額や鼻の下などにシミができるケースもあります。

また肝班のシミにはさまざまなタイプがあります。

例えば肝斑とよく似た症状のシミもいろいろ存在します。それでは、実際肝斑かであるか否かのチェックポイントについていくつか典型なものを列挙しておきますね。

シミの種類には以下がなどが確認されてます。

1)そばかす
2)日光性黒子
3)老人性色素斑
4)炎症後色素沈着、
5)対称性真皮メラノサイトーシス

シミにも肝斑以外にこのようにいろいろな種類があるのも事実です。
このように医学的には上記は一応すべてシミの分類に属します。




Page: 1

RSS2.0